当院の特色|内分泌代謝領域における質の高い医療を提供します。

HOME >  当院の特色

当院の方針

通院していただく方にとって『最もいい治療法は何か』を常に考え、
質の高い医療を提供できるよう心がけています。
当院では医師,看護師,栄養士,薬剤師,臨床検査技師,医療事務が緊密に連携をとり、
一丸となって取り組んでいます。

残念ながら大きな医療機関では
各職種間で緊密に連携を取ることの限界を感じながら医療を提供してきました。
これが私が当院を開院した理由の一つです。

当院では下記の流れで診察を行います。

1.受付
2.血液・尿検査
3.予診(スタッフによる事前の問診)
4.(各種検査)
5.診察
6.会計
7.処方(院内薬局で薬を渡す)

栄養相談や骨密度,心電図の検査などは
血液・尿検査の結果が出るまでの待ち時間の間に行うようにしております。
高い医療の質を保ちながら効率化を図り、
待ち時間を短縮することを目標としております。

予約外でいらっしゃる時にも来院前に一度お電話ください。
予約がなくても診察可能です。
しかしながら、予約の方が優先となり、
予約なしで来院されますと
結果的に待ち時間が長くなってしまう可能性が高いため、
お電話を頂いてから受診していただいたほうが
待ち時間ではご迷惑をかけない可能性が高いと思います。

 

各医療機関との連携

当院は内分泌代謝領域を専門とする医療機関です。
通院して頂く方にとって、
私たちが提供しうる質の高い医療を提供したいと考えております。
内分泌代謝領域に関しては大学病院等の高度専門医療機関と
遜色のない医療を提供できると考えております。

しかしながら内分泌代謝以外の分野に関しては、
その疾患の該当する専門科には及びません。
そのため、内分泌代謝以外の分野に関しては
積極的に専門科(専門医)と連携をとりながら
治療することに取り組んでおります。

 

治験・臨床試験

当院では治験,臨床試験を行っております。
治験とは『市販される予定の薬剤』を用いて
国の承認を得るための成績を集める臨床試験のことです。
該当する方にはご協力をお願いする可能性がありますので、
ご理解を頂きたいと思います。

 

業績

院長 槌田武史

2007年 日本糖尿病学会 年次学術集会
連続血糖測定(CGMS)を用いたインスリン持続皮下注入の設定が 有効であった
劇症1型糖尿病の1例
2008年 日本内科学会 関東地方会
劇症型溶連菌感染症により壊死性筋膜炎を発症し、下肢切断にて救命し得た2型糖尿病の1例
2009年 日本糖尿病学会 関東地方会
妊娠糖尿病の後、抗GAD抗体弱陽性ながら 緩徐進行1型糖尿病が疑われている2症例
  日本糖尿病学会 年次学術集会
CGMSによる食後血糖ピーク時間の検討
2010年 日本糖尿病学会 関東地方会
持続血糖モニターにより食事療法の効果を評価した妊娠糖尿病の2例
  日本糖尿病学会 年次学術集会
CGMによる食後3時間の血糖推移の検討
  日本糖尿病学会 年次学術集会
α-グルコシダーゼ阻害薬ミグリトールによる血糖日内変動の改善効果:
持続血糖モニターによる検討
  European Association for the Study of Diabetes
Assessment of postprandial glucose control; a consideration from Continuous Glucose Monitoring
Efficacy of miglitol on postprandial glucose control assessed by continuous glucose monitoring
2011年 日本糖尿病学会 年次学術集会
α-グルコシダーゼ阻害薬アカルボースによる血糖日内変動の改善効果:
持続血糖モニターによる検討
2012年 日本糖尿病学会 年次学術集会
α-グルコシダーゼ阻害薬ミグリトールによる血糖日内変動の改善効果:
持続血糖モニターによる検討(第2報)
  日本糖尿病学会 年次学術集会
α-グルコシダーゼ阻害薬アカルボースによる血糖日内変動の改善効果:
持続血糖モニターによる検討(第2報)

 

副院長 出口亜希子

2008年 日本糖尿病学会 年次学術集会
高血圧合併2型糖尿病患者におけるテルミサルタン、カンデサルタンの比較検討
  日本内科学会 関東地方会
外科的治療、放射線治療後2年の経過を経て内分泌学的緩解に至った
脳下垂体Crooke cell adenomaの1例
  糖尿病51巻10号
胃バイパス術を施行したPrader-Willi症候群の1例
  日本内分泌学会 臨床内分泌代謝Update
高齢でGH補充療法を行いQOL改善を認めた成人GH分泌不全症の一例
2009年 日本糖尿病学会 年次学術集会
高血圧合併糖尿病患者におけるARB/利尿薬併用療法の有用性
2010年 日本糖尿病学会 年次学術集会
高血圧合併糖尿病患者におけるARB/利尿薬併用療法の有用性(第2報)
2013年 日本糖尿病学会 年次学術集会
持続血糖測定(CGM)による平均血糖・血糖変動と血糖コントロール指標の関連
2014年 日本糖尿病学会 年次学術集会
持続血糖測定(CGM)を用いた血糖変動指標の有用性についての検討

 

 

診療時間表
※土曜日の診療は9:00-14:00となります。
※午前受付は12:00まで、
 午後受付は17:30までにお願いします。
※予約の方が優先となりますので、
 初めて受診される方,予約を変更される方は
 お電話でご連絡ください。

県西糖尿病内分泌内科クリニック外観県西糖尿病内分泌内科クリニック
〒308-0821茨城県筑西市成田678
(筑西警察署 斜め向かい側)
TEL 0296-48-9609

採用情報はこちら